名古屋美味しいひつまぶし

おすすめ!名古屋ひつまぶし名店

人気!名古屋ひつまぶし厳選10選!

美味しいひつまぶしとウナギ料理で有名な名古屋。なかでも人気の鰻料理を提供している有名店や実力店を大公開!名古屋でおすすめの美味しいひつまぶしの店を厳選して紹介している美味しい店ねっと!名古屋ひつまぶし・うなぎランキングの有名店から各駅の周辺にある人気店まで、名古屋名物であるひつまぶしや鰻(うなぎ)のお店を分かり易く掲載中!名古屋市内の栄、名駅、伏見、中村区などからのアクセスも詳しく分かる!名古屋市に来てランチに迷ったらココというぜひ味わっていだきたいお店を厳選して10店紹介しています!そんな名古屋だから味わえる名物の美味しいひつまぶしを堪能してみて下さい♪

名古屋名物ひつまぶし

~おすすめ!でらうま名古屋ひつまぶし!~

うな東鰻・​ひつまぶし

うな東 (うなとう)のひつまぶし

信頼できる上質な鰻のみを使用した”うな東”のひつまぶし&うな重!米にまでこだわったおすすめの逸品を味わってみて下さい♪

名古屋市・米野駅から徒歩6分!一流ホテルの和食総料理長が創り上げた”秘伝のレシピ”を忠実に守った逸品ひつまぶし!ふわっとした食感がたまらないうな重はもちろんであるが、名古屋名物で有名なひつまぶしは外せない逸品♪純正な溜り、味醂、砂糖など本物の素材を贅沢に使用し、相性抜群の厳選米から老舗海苔問屋の海苔に至るまでこだわり尽くした逸品を堪能させてくれる♪おすすめはうな東の特製石釜で味わう”石釜まぶし”。一度食べたら忘れられない美味しい鰻料理をご体感下さい。

うな東 (うなとう)の外観

◆ お店情報
・店名:うな東 (うなとう)
・住所:愛知県名古屋市中川区福住町9-22
・アクセス:米野駅から徒歩6分
・営業時間:11:00~14:00
17:00~21:00
・定休日: 水曜日
・電話番号:052-351-2844
・予約サイト:tabelog.com

味波 豊国店​ひつまぶし

味波 豊国店の店内

名古屋で唯一無二、共水うなぎを食べられる店!炭焼きの香ばしく美味しいうなぎ料理&ひつまぶしは幸せ感じるひと時♪

【中村公園駅から徒歩2分】大井川町の共水鰻は天然物に近いと言われ、香り高く甘味のある味わいが特徴で、栄養成分でもあるDHAやEPAも一般的な鰻の4~5倍も含んでいる!もちろん全国各地より取り寄せた鰻は活きた状態の仕入れにこだわり、鮮度を保ったまま炭焼きで焼き上げ、パリッとした食感と、香ばしく旨味溢れた鰻を楽しませてくれる♪創業以来変わらぬ美味しいひつまぶし・鰻料理と評され、常に高い人気を誇っている名店「味波」。その確かな逸品をご堪能下さい!

味波 豊国店の共水うなぎひつまぶし4480円

◆ お店情報
・店名: 味波 豊国店 (あじなみ)
・住所:愛知県名古屋市中村区豊国通2-11-1
・アクセス:中村公園駅より徒歩2分
・営業時間:月~土11:30~14:00
17:00~23:00(L.O.22:00)
日・祝11:30~15:00(L.O.14:30)
17~22:00(L.O.21:30)
・定休日:火曜日・第三水曜日
・電話番号:052-482-2341
・公式サイト:http://4822341.com/

浅野屋​ひつまぶし・うなぎ

浅野屋のうな丼

鳴海宿の旧街道の佇む、歴史と実力を兼ね備えた鰻料理店!

【名鉄・鳴海駅から徒歩7分】地元の常連が足繁く通う人気店。職人が炭火で丁寧かつ大胆に焼き上げる鰻はフワッとした食感はもちろん、旨味がしっかりと閉じ込められた絶品の味わい♪この味を忘れられない地元を離れた帰省客&地元常連客で賑わう店内♪昔懐かしい小上がりのテーブル席と土間のテーブル席で楽しむおすすめの鰻丼。甘味を抑えた秘伝のタレが絡み合い、本場名古屋の鰻料理の真髄を堪能させてくれる老舗の味!どうぞ美味しいと評判の味をご賞味あれ!!

浅野屋の外観

◆ お店情報
・店名:浅野屋
・住所:愛知県名古屋市緑区鳴海町字相原町27-3
・アクセス: 名鉄「鳴海」駅から徒歩約7分
・営業時間:11:00~14:00
17:00~なくなり次第
・定休日:木曜日
・電話番号:052-621-0457
・予約サイト:tabelog.com

魚鉄 (うおてつ)​ひつまぶし・懐石

魚鉄の鰻

旬の素材を大切に、伝統技が織り成す老舗の味。四季折々の新鮮な海の幸、山の幸を心をこめて創り上げる日本料理。

料理一筋に日本料理の伝統技を磨いた料理人が創り上げる繊細な味わい!それは老舗だから出来る歴史を感じさせる心からのおもてなし。四季の移り変わりを感じる季節の野菜、厳選された旬の魚介が織り成す一品一品の料理は、まさに美しさと美味しさの極!季節の懐石・コースまで落ち着いた空間でいただく至福のひと時。そんな名古屋を代表する老舗【魚鉄】の味わいを心ゆくまでご堪能・・・

魚鉄の外観

◆ お店情報
・店名:魚鉄 (うおてつ)
・住所:愛知県名古屋市北区神明町55
・アクセス:市営地下鉄志賀本通駅より徒歩5分
・営業時間:11:30~15:00(LO14:00)
17:00~22:00(LO21:00)
・定休日:火曜日
・電話番号:052-911-1211
・公式サイト:www.uotetsu.co.jp/
・予約サイト:tabelog.comr.gnavi.co.jp

炭火焼き鰻 清月​ひつまぶし

炭火焼き鰻 清月の鰻定食

鰻料理という敷居の高さを感じることなく楽しめる名店の美味しい逸品!

【JR大曽根駅南口から徒歩6分】名古屋市内で屈指の人気を誇る鰻料理&名物ひつまぶしの人気店「清月」。手間隙掛けて仕込まれた良質な鰻を、丁寧に炭火で焼き上げた逸品で人気を博している。絶妙な火加減で焼く職人技と秘伝タレで作られる美味しい鰻料理を、一般的に思われている敷居の高さを思わせないリーズナブルな価格で堪能させてくれる♪名古屋と言えばひつまぶし(鰻料理)で有名。遠方からわざわざ食べに来るファン&常連の期待を常に裏切らない逸品をご賞味あれ!

炭火焼き鰻 清月の外観

◆ お店情報
・店名:炭火焼き鰻 清月
・住所:愛知県名古屋市東区徳川町2502 
・アクセス:JR大曽根駅南口から徒歩6分
・営業時間:11:00~13:45
17:00~19:45
・定休日:毎週火曜日 ・第2月曜日
・電話番号:052-932-6566
・予約サイト:retty.me

うな豊​うなぎ

うな豊のひつまぶし

創業昭和35年!鰻料理の老舗が拘り抜いて創り上げている本当に美味しい逸品がココにある!

地下鉄桜通線・瑞穂運動場西駅から徒歩5分!選び抜かれた鰻を匠の技で捌き、一本一本注文が入ってから焼きを入れる!備長炭を使い遠赤外線でじっくり丁寧に焼かれた鰻は皮はサクッ身はフワッと仕上がってる逸品!もちろん先代から受け継がれているタレは他では味わえない【うな豊】独自の美味しさが詰まっている!どんなに忙しくても調理手順に手を抜く事なく代々受け継がれた名店の味を守り抜いているからこそ評判を呼んでいる!そんな本場の名古屋で本当に美味しいと評判の(ひつまぶし・鰻料理)味をご賞味あれ!!

うな豊の外観

◆ お店情報
・店名:うな豊
・住所:愛知県名古屋市瑞穂区豊岡通3-40
・アクセス:瑞穂運動場西駅から340m
・営業時間:[平日・土]11:00~14:00,
17:00~21:00(20:30L.O)
[日・祝]11:00~15:00(14:30L.O),
16:30~21:00(20:30L.O)
・定休日:月曜日
・電話番号:052-851-2632
・公式サイト:unatoyo.com

うな富士 鰻・ひつまぶし

うな富士の鰻料理

食べれば違いがわかる、季節限定の天然うなぎ!!三河一色産のうなぎ。旨味たっぷりの脂がたまらない!

うなぎの素材に徹底したこだわり!三河一色産のうなぎは身が大きく抜群に脂がのっている。伝統の炭火焼は適度に脂を落とし、皮の焦げ目が香ばしく味わえる。秘伝のタレにくどさは無く、風味豊かにあっさり味!全てのメニューに柔らかいが歯ごたえがある肝吸いと白菜の漬物が付く、そして人気はひつまぶしの上に、タレが染み込んだうなぎ7匹分の肝がのった肝入り特別ひつまぶし。うなぎの魅力がギュッと詰まった【うな富士】ならではの人気メニュー!要予約の限定メニューは梅雨から秋の限定で予約をすると四万十川の天然うなぎ。肉厚でうなぎ本来の風味と食感を堪能できると評判。常連客はそれを楽しみに、時期を見計らって来店するほど。超旨いうなぎをご賞味あれ!!

うな富士の外観

◆ お店情報
・店名:うな富士 (うなふじ)
・住所: 愛知県名古屋市昭和区白金1-1-4 プレザアント白金
・アクセス:JR鶴舞駅から徒歩約10分
・営業時間:11:00~14:00
17:00~20:00
・定休日:水曜・第1・3火曜
・電話番号: 052-881-0067
・予約サイト:https://tabelog.com/

あつた蓬莱軒【伝馬町】ひつまぶし

あつた蓬莱軒のひつまぶし
出典:shun-wadai.com

名古屋名物「ひつまぶし」を提供しているのがあつた蓬莱軒

名古屋名物「ひつまぶし」を提供しているのがあつた蓬莱軒。ひつまぶしは、うなぎの蒲焼を細かく切ってご飯にまぶしたもので、1膳目はそのままうなぎの味を楽しみ、2膳目は薬味を加えて、3膳目はお茶漬けにして、4膳目はお好みで、と1度で3種類の味が楽しめる名古屋ならではの料理です。140年続く秘伝のタレと備長炭で焼いた活きのいいうなぎの味は絶品!ぜひ老舗の味を食べてみてください。また、光るのが職人の技術。うなぎは新鮮なうちに、ほんの数秒でさばかれていきます。最高の備長炭を使用し、うなぎの香ばしさを最大限に出していく技術。そして素材にもこだわりが。とっても生きのいい良質うなぎだけを選び抜いて焼いています。なにしろ「ひつまぶし」といったらこの「あつた蓬莱軒」の登録商標になっているくらい。明治6年に料亭として始まったこのお店の歴史をも味わってくださいね。

あつた蓬莱軒の外観

◆ お店情報
・店名:あつた蓬莱軒(本店)
・住所:愛知県名古屋市熱田区神戸町503
・アクセス: 地下鉄名城線「伝馬町」駅より徒歩7分
・営業時間: 11:30~14:00(L.O)
16:30~20:30(L.O)
・定休日:水曜日(祝日は除く)
・電話番号: 052-671-8686
・公式サイト:http://www.houraiken.com/

宮鍵(みやかぎ)うなぎ、鳥料理

宮鍵のうな丼

名古屋の老舗、鶏鍋と櫃まぶしの両方が頂けちゃう素敵なお店♪かしわ・鰻料理専門店「宮鍵」。

うなぎと鶏料理というWメイン料理を中心に、数多くの絶品グルメを堪能できます。なかでも看板メニューとなっている味噌すき鍋は一度食べたら忘れられない味。お店の特徴宮の宿(旧東海道)生まれの鍵次郎が明治32年(1899年)に創業いたしました。「宮」と「鍵」から、店の名前も「宮鍵」としました。鍵次郎は当時堀川の納屋橋河畔にあった料亭・得月楼で修業後、のれん分けに鰻を頂き、当時、愛知県で盛んだった養鶏業から鶏肉を入れ、鶏と鰻という珍しい組み合わせの料理屋を始めました。現在鶏肉は三河の赤鶏を使用しております。ご家族づれ、お仲間同士、会合などお一人様から大勢様まで幅広くご来店いただき、今年で創業116年になりました。

宮鍵の外観

◆ お店情報
・店名:宮鍵 (みやかぎ)
・住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-2-13
・アクセス: 地下鉄伏見駅7番出口より、徒歩7分
・営業時間:11:30~14:00(L.O)
17:00~21:00(L.O)
・定休日:土曜日
・電話番号:052-541-0760
・予約サイト:miyakagi.com

うなぎのしろむら​ひつまぶし

うなぎのしろむらの蒲焼

伊勢神宮 外宮奉納 活うなぎ!名古屋の名物ひつまぶし&旬な魚料理が絶大な人気!!

『伊勢神宮 外宮奉納うなぎ』として認定された『三河一色産活うなぎ』を使用した活うなぎ!炭火焼にて風味豊かに香ばしく堪能できる人気店。皮目のカリッとした香ばしい食感と、確かな素材の持ち味を堪能できる王道の蒲焼まで3段階に味替わりを愉しめる♪旬の魚料理、肝料理、など自慢の逸品料理は外せない!素材にとことん拘った本物の味わいが多くの支持を得て人気を博している「しろむら」。名古屋で鰻ならココと感じさてくれる”美味しさ”をご体感下さい。

うなぎのしろむらの外観

◆ お店情報
・店名:うなぎのしろむら
・住所:愛知県名古屋市東区泉1-18-41 エスポア泉 1F
・アクセス:〔久屋大通〕駅より徒歩5分
・営業時間:【通常】ランチ 10;30~15;00
【月~土】ディナー 17;00~22;00
・定休日:臨時休業あり
・電話番号:052-971-3122
・公式サイト:unagi-shiromura.nagoya/


名古屋でおすすめの美味しいひつまぶし店はココ!

名古屋の有名なひつまぶし(うなぎ料理)は、誰もが認める美味しいお店でどうぞ!

名古屋市内には(うなぎ料理)ひつまぶしを提供しているお店が560店舗もあります。古くから営む、ひつまぶし(鰻)の有名店をはじめ、隠れた名店まで自信を持っておすすめできる美味しいお店を厳選してご案内。人気だけに囚われることなく、伝統の味を受け継ぐ老舗のうなぎ料理店など、名古屋でしか食べられない「おいしい逸品」と評判の逸品が見つかる♪炭火で丁寧に焼き上げる旨いうなぎ!そしてお茶漬けにして味わう名物のひつまぶし。各店ならではの独自の味で勝負する逸品の一品をお楽しみ下さい。

真似の出来ない歴史・伝統の味わい!

創業50年!名古屋を代表する名物ひつまぶし(鰻)料理の老舗!真似の出来ない歴史・伝統の味わい!伝統の味わいを伝える創業50年の老舗。歴史を感じる佇まいは老舗の貫禄十分!伝統の技で創り上げるひつまぶし(鰻)。それは脂の旨味と柔らかな質感、焼きの入った香りが口いっぱいに広がる絶品の味わい!そして旬の食材で創る天婦羅も自慢の一品。こだわり抜いた伝統の味わいをゆっくり愉しめる店内は座敷&テーブル席がある。ココでしか味わえない「鰻・天婦羅」料理♪そして50年の歴史ある老舗の味わいをご堪能あれ!!


名古屋ひつまぶし美味しい食べ方!

ひつまぶしの食べ方は客の自由に任せられる

普通のうな丼の場合、丼のうなぎを乗せ食べるのが一般的ですが、名古屋名物ひつまぶしの場合は(各店舗によっていろいろ工夫はされていますが)、小さなお櫃に茶碗3杯~4杯分のひつまぶしが入っていて、これを3回に分けて食べるのです3回とも違う食べ方をするのが、ひつまぶしの美味しい食べ方。最初の1杯は、そのまま茶碗に1杯分を取って、そのまま食べる。次に2杯目はひつまぶしの上に、ネギ、山椒、海苔などの薬味をのせて食べ、一杯目とは違う「名古屋ひつまぶし」の美味しい風味を味わう。3杯目は、2杯目と同様に、名古屋ひつまぶしに薬味を乗せ、さらにお茶(煎茶)か、だし汁をかけて、お茶漬けのように食べます。 名古屋美味しいひつまぶしは、サラサラと喉を通るお茶漬けのような食感が、なんとも美味しいというわけです。名古屋には”美味しいひつまぶし”の、お店がいっぱいある!名古屋名物であるひつまぶしは全国でも高い知名度!もちろん本場であるため、[名古屋ひつまぶしの美味しい店]、[名古屋ひつまぶの名店]、が数多くあり、観光客や地元の方、接待、会食、などさまざまなシーンで利用される。

名古屋ひつまぶし歴史!

ひつまぶしの成立に関して、当時鰻飯を1人前ずつ瀬戸物の丼に盛って提供していたが、出前が多かったことに加え、出前持ちが出前を下げに行く際に空の丼を割って戻ってくることが頻繁にあったため、器を大きめで割れにくい木の器(お櫃)にし、かつ複数人分をその器に盛って取り分けるようにしたのが始まりであるとしている。また、取り分ける形にしたためにウナギばかりが先に取られてご飯が残ってしまうことが増えたため、ご飯とウナギの量が均等に行き渡るようウナギを細かく刻んでご飯と混ぜてから取り分けるようにしたり、会席のシメとしても提供していたため酒の席ということもありウナギを食べきることができない客が多かったことから、最後まで食べてもらえるよう試行錯誤したところ、お茶漬けに行き着き、出汁を添えて提供するようになった。